FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートの包み紙でブックカバーを作ってみたら~やっぱりチョコは2度おいしい!

管理人は無類のチョコレート好きです。

チョコは食べても最高においしいですが、
パッケージも、可愛いものが多いです。

チョコを食べたあと、包み紙を捨てる、なんてもったいない!

大型チョコの包み紙でブックカバーを作ってみました。
(2015年2月10日)
IMG_1769.jpg



ブックカバーを作るといっても、とても簡単です。

コピー用紙にチョコレートの包み紙を貼り付けて、折りたたむだけ。
飾りもかねて、ところどころマスキングテープで固定します。


これは「アナと雪の女王」のチョコレート。
板チョコではなくて、個包装チョコ6枚入りです。

メタリックなピンク色がファンシー。
IMG_1731.jpg

文庫本用のブックカバーにしました。

ふたつ折りにすると、絵柄がぴったりサイズでした。
IMG_1742.jpg

IMG_1741.jpg




こちらは「チャリーとチョコレート工場」のウォンカチョコレートです。

このパッケージ、見ているだけで、あったまります。
キャラメル味の正式名称は、
ホイップル・スクランプシャス・キャラメル・ディライト!
(Whipple Scrumptious Caramel Delight)
IMG_1752.jpg


ウォンカチョコは、ふたつ折りにして文庫本用にするには
絵柄が小さいことに気づきました。

そこで、2014年の新フレーバー、
ピリットナッティバー(Piritto Natty Bur)を買いに走りました。

ピリットナッティバーは、グリーンとイエローの新鮮な色合いです。
IMG_1789_201502081757023f8.jpg


2枚を縦向きに使い、背中で貼り合わせると、
新書用にちょうどいいサイズです。
IMG_1762.jpg




裏表でまったく印象の違う新書用ブックカバーになりました。
IMG_1765.jpg

甘い味ををゆっくりたんのうした後も、
パッケージで楽しめる。
チョコレートは、やっぱり最高です。

普段は小さめのチョコレートで我慢しているのですが、
ときどき無性に大きな板チョコにかぶりつきたくなります。

そんなときの言い訳は、「ブックカバーにもなるから、2度おいしい」!


参考記事)

(チョコレート関連)

2013-12-16 万年筆をカラーインクで楽しもう~文章とインクの色を合わせてみる

2013-12-11 ペリカンの万年筆 スーベレーン M320 パールホワイト~エレガントになった気分が味わえる!

2013-09-16 モレスキンのチョコレートジャーナル~チョコレートのとけない魔法

2012-04-30 チョコレートジャーナルのお披露目~モレスキンのパッションコレクション

2012-02-24 モレスキンから「チョコレートジャーナル」がでる!

2011-02-14 チョコレートについて語るときに私の語ること


(手作りブックカバー関連)

2013-06-24 マスキングテープ貼りのブックカバーもニューモデル!~リサ・ラーソン、ベングト&ロッタ、ミナペルホネン~

2013-03-27 ブックカバーはマスキングテープの全面貼りで、可愛くなる!

2012-09-19 ミナ ペルホネン 「スマイル」のマスキングテープで自分もスマイル!~ ブックカバーを作ってみたら

2012-04-04 ブックカバーを作ってみた~マスキングテープで手紙風に





このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。