スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

振り返るということ~ノートの集積は自分の集積とは違う

今年の4月から、「振り返る」ということを始めました。

理由は、4月2日のエントリーにかいたとおりです。
参考記事:ほぼ日カズン(spring)はじまり!まずはマインドマップから


今まで書いた日記帳やノートを、ともかく全部
見返そうというものです。




振り返りをはじめて、まだほんの少しですが、
わかったことがあります。





いくらノートを積み重ねても、自分を積み重ねたことにはならない!



・・・ということです。




◎「振り返る」
最近EVERNOTE本や、ライフログ関係のエントリーを読むことが多くなり、「蓄積から何かを生み出す」ということに興味を持っています。
本当にできるのか、一度、実際にやってみたいと思います。

「振り返る」=「読み返す」ということになりますが、
今までに書きためた、たくさんのノート、日記、手帳を、端から読んでいくつもりです。

2008年から2010年にかけて、焦り気味にいろいろやってきました。
ひとつプラスが来ると、必ず大きなマイナスが来る、という感じで、
前進できているのかどうなのか・・・。
落ち着いて振り返り、この点についても考えてみたいと思います。


こういうわけで、「振り返り」を始めたところです。

具体的には、
・抜き書きノート(読んだ本の抜粋ノート)
・マインドマップ
・勉強ノート(放送大学の授業用や、それ以外自分で勉強したもの)
・ほぼ日手帳オリジナル
・ほぼ日手帳カズン
・モレスキン
を端から読んでいく予定です。



今、読書マインドマップを見返しているのですが、

マインドマップを一枚見るだけでも、あれこれ思い出して、
ちっとも先へ進みません。



たとえば、これ。

カイエソバージュ

2010年2月から3月に読んだ「カイエソバージュシリーズ(中沢新一)」の読書マインドマップです。

このシリーズは全部で5冊あります。

セントラルイメージは表紙あるいは中身のイラストをまねています。
私としては、とても力作です。
 
当時は「神話」に興味があって、かなり熱心に読んでいました。 内容をできるだけたくさん盛り込もうと、
狭いところにぎちぎちにかいてます。初めて知る神話の話が新鮮で、読むのが楽しくて仕方なかった・・・ことを思い出しました。




こんないいい本、読んでたんだ・・・・

このノート、こんなに、いいことで埋まっている・・・」

と、われながら感心したところで、思いました。







 
  過去の自分の方が偉いような気がする・・・

  結局、なんにも身につけてないような気がする・・・

振り返る→素晴らしい集積を見つける→何かのアウトプットにつなげる、という甘いもくろみは、はやくも崩れ去りました・・・

ノートはたくさんありますが、これでは単なる思い出ノートです。
過去の自分は「せっかく取り入れても、放置していただけ」ということがわかりました。

自分にもいくらかの集積はあるだろう、と考えたこと自体が大きな勘違いでした。

本やノートがいくら積み上がっても、自分に集積したことにはならないのです。


こういうことが、わかっただけでも、意味があったと考えるしかないですね。

振り返りの作業は、続けるつもりです。

たくさん見返していけば、「これだけは自分の身になっている」と思えるものに行きあたるかもしれません。今は、それを期待しています。

しかし・・・


「過去の自分」に頼ろうとしたことが間違ってました。

これからは、「未来の自分」に頼ります!

人類最古の哲学 カイエ・ソバージュ(1) (講談社選書メチエ)人類最古の哲学 カイエ・ソバージュ(1) (講談社選書メチエ)
(2002/01/10)
中沢 新一

商品詳細を見る


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。