FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

今と昔のシェイクスピア・アンド・カンパニー書店②~ 『シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々/ ジェレミー・マーサー』

2回続きで
シェイクスピア・アンド・カンパニー書店について紹介しています。

今日は2回目、
ジョージ・ウィットマンのシェイクスピア・アンド・カンパニー書店です。


 


シェイクスピア・アンド・カンパニーは、
パリにある本屋さんで、
今も昔も、「若い書き手を支援する」ことで有名です。

昔のシェイクスピア・アンド・カンパニー書店と
今のシェイクスピア・アンド・カンパニー書店は、
もともと全く別の本屋さんでした。

初代は、1919年の11月19日
シルヴィア・ビーチがオープンしたのですが、
2013-11-18  今と昔のシェイクスピア・アンド・カンパニー書店①~『シェイクスピア・アンド・カンパニィ書店/シルヴィア・ビーチ』

2代目は・・・・・・


○ジョージ・ウィットマンのシェイクスピア・アンド・カンパニー書店

『シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々/ ジェレミー・マーサー』河出書房より引用です。

2代目の書店は、
1951年、ジョージ・ウィットマンがオープンしました。

最初、「ル・ミストラル」という名前の書店でした。
貧しい仲間を助ける、というポリシーは最初からありました。

当初、店の名はル・ミストラルといった。
一日目から、泊まる場所のない友人たちのために、店の奥にベッドをしつらえ、腹をすかせて客のためにスープをぐつぐつ煮込み、本を買う余裕のない人々のために無料の図書館も運営した。

初代のシルヴィア・ビーチの蔵書を買取って、
店名をシェイクスピア・アンド・カンパニーにあらためました。
1962年にビーチが亡くなると、ジョージは彼女の蔵書を買い取り、1964年、ウイリアム・シェイクスピア生誕400年に店の名をシェイクスピア・アンド・カンパニーにあらためた。


1920年代とは別の意味で、文学の素晴らしい時代でした。

当時のパリはふたたび輝かしい文学の時代を迎えており、ジョージの書店はその非公式なクラブハウスとなっていた。ヘンリー・ミラーとアナイス・ニンは常連だった。


この書店で世話になるには、いろいろと規則もあります。

さらに理想としては、各人が一日一冊図書室の本を読むことが求められていた。
シェイクスピア・アンド・カンパニーは深夜零時に閉店するので、居住者はそれまでに店に戻って、本を運び入れ、戸締りの手伝いをする必要がある。閉店は事実上の門限でもある。



日曜日には、ジョージがパンケーキをふるまってくれます。

これもまたこの店の大事な伝統のひとつだった。40年以上にわたり、ジョージは毎週日曜日の朝になると、泊り客にパンケーキの朝食をふるまってきた。少なくとも週に一度はみんなで食事をともにできるようにである。


困っている人が寝泊まりできるように
書棚のすき間にベッドが置いてある本屋さん。
錚々たる詩人や作家が出入りし、朗読会が頻繁に開かれるパリの名物書店となった。だが、この店はただの本屋ではなかった。書棚のあいだには狭苦しいベッドが点在し、他にいくところのない貧しい物書きや、旅の若者が無料で泊まれる「流れ者ホテル」も兼ねていたのである。




ところで、ここで本を買うと、スタンプを押してくれるそうです。

シェイクスピア書店では、本を買うと、シェイクスピアの顔のイラスト入りのスタンプをポン!と押してくれます。これがとてもすてきで、本の見返しのページにこのスタンプがあるだけで、一冊の本がひそかな輝きを放つ宝物になります。(中略)
友人によると、誰も店主のジョージのスタンプにはかなわないそうです。『森茉莉かぶれ/早川茉莉』 (筑摩書房)



現在では、ジョージの娘さんが経営をまかされているそうですが、
そのポリシーに変更はないようです。


昔のシェイクスピア・アンド・カンパニー書店と
今のシェイクスピア・アンド・カンパニー書店、
どちらが、好きですか?


最後に、
今のシェイクスピア・アンド・カンパニー書店の「公式ソング」をどうぞ。

冷たい雨の夜に
パリの街にやってきて
シェイクスピア書店を見つけたら
ほっとするかもしれません

そこにはたいそう親切で賢明な
モットーがあるのです
見知らぬ人に冷たくするな
変装した天使かもしれないから

シェイクスピア・アンド・カンパニー書店の「公式ソング」






参考記事)

2013-11-18  今と昔のシェイクスピア・アンド・カンパニー書店①~『シェイクスピア・アンド・カンパニィ書店/シルヴィア・ビーチ』


このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。