スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

超簡単、スライド式読書ガイドのつくり方~読書中の迷子防止に

本を読んでいるとき、
「あれ、どこまで読んでたっけ?」
ということありませんか。

そんな時に便利な
スライド式読書ガイド
の作り方の紹介です。

すっごく簡単にできますよ。
IMG_9430.jpg

管理人は
辞書を引き引き、外国語の本を読んでいるとき
読んでいる場所がわからなくて、よく迷子になります。

それでなくても(訳がわからなくて)イライラしているので、
読んでいる場所がわからなくなると
ますますイライラがつのります。


これではいけない!

「スライド式読書ガイド」
を思いついきました。



○つくり方~コピー用紙とマスキングテープだけ!

作り方は、
コピー用紙にマスキングテープを貼るだけです。


コピー用紙に
本の幅よりやや短くなるように、
ぺたーっとマスキングテープを貼ります。
ここで使ったのは、2センチ幅のマスキングテープです。

裏からみたところ
3ついっぺんに作っています。
IMG_9433.jpg


ポイントはここ。
紙の片側を折り返します。
ここで、ページをはさむわけです。

また、その折り返しよりも、マスキングテープを少しはみ出させます。
マスキングテープは二つ折りします。
ここが「持ち手」になります。
IMG_9375.jpg


マスキングテープの幅に合わせてカットします。
 
裏側にもマスキングテープをはります。
両面貼らないと、紙が反ってしまいます。
IMG_9426.jpg




完成です!
IMG_9427.jpg





○紙にはさんで、持ち手でスライド


紙の折返した部分で、ページを挟み込みます。

動かすときは、飛び出したマステを持ち手にして
上下にスライドさせます。
IMG_9424.jpg


思った以上に便利でした!
これで迷子にならなくてすみます。

気に入ったので、
放送大学のテキスト用にも作りました。
授業の視聴が、中途半端なところで終わったときなど、
目印として便利です。
IMG_9423.jpg

なお、マスキングテープは、
柄の上下がないものの方がいいですね。

作ってから気がつきました。

このりんご柄のように上下があると、
左ページで使うと柄が逆さまになって嬉しくありません。



「スライド式読書ガイド」には、もう一つ便利なことがあります。
本を閉じると
持ち手のマスキングテープが飛び出して、
しおりにもなるんです。
IMG_9384.jpg



あちこち読んでいる時。
IMG_9431.jpg



とても簡単なものですが、
便利ですよ。

読書中に迷子になりやすい方、
ぜひお試し下さい!



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。