スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で索引を作ろう!~読書の効力をアップする

本を読むときに、自分で索引を作ると便利ですよ!

本の空きページに書き込むだけ。

あとで参照したいと思う「他の本の引用箇所」の索引などは、
特にお役立ちです!
IMG_6846.jpg



○自分の「気になる部分」を索引にしよう

今読んでいるのは
『プラトン序説 /エリック・A. ハヴロック』 新書館。
IMG_6845.jpg 



なかなか進まないです。
実を言うと、管理人には、ちょっと難しい、この本。


もともと、この本にはきちんとした索引があります。
IMG_6836.jpg



でも、自分の欲しいものとは少しずれているんです。


読みながら、本に線を引いたり、
余白に書き込みをしていたのですが、
だんだん増えてきたので、
後ろの空いているページに、索引を作りました。
IMG_6834.jpg  
 





○「面白そうな引用部分」の索引を作ろう!

索引を作り出して
これは正解!と思ったのは、
引用部分の索引です。

『イーリアス/ホメロス』や『神統記/ヘシオドス』を
引用しているページを書き出しました。
IMG_6835.jpg



ギリシア神話づいているので、今関連書を読み漁っています。

ホメロスは基本中の基本。
でも『イーリアス』も『オデュッセイア』も、すごく長くて読みにくいです。
現代の小説などとは、まるで感覚が違うんですよね。

ですから、『イーリアス』を読むときには
『プラトン序説』の自作索引を見て、その該当箇所を探すようにしました。

『プラトン序説』の方でその部分の説明を読むと、
まったく違う読み方ができて、
読めなかった部分が読めるようになるんです!

『イーリアス』を全部読むのは非常に厳しいので、
『プラトン序説』が引用している部分を中心に、つまみ食いしています。




○「登場人物の系図」と一緒に使うと効力アップ!


前回紹介した「登場人物の系図」と併用すると、
ますます読書の効力アップですよ!

前回紹介したのはギリシア神話全般の系図。
IMG_6810.jpg  

もう紙面が一杯なので、
『プラトン序説』用の別バージョンを作りました。
IMG_6838.jpg


どうしても書き入れたかったのは、
『神統記/ヘシオドス』に出てくる
9人のムーサ(ミューズ)です。
IMG_6849.jpg  





○効率はアップしないけど、効力はアップする!

ねらっているのは、
読書の「効率アップ」ではなく、「効力アップ」です。

索引も
登場人物の系図も
作っていると、すごく時間がかかります。


だからかえって、読書のスピードは落ちてしまう。

その時間に、さっさと本を読んだほうがいいんじゃないか、
と考えることもあるのですが・・・・・・
 
管理人にとっては、『プラトン序説』は難しいんです。

さっと読んだらまるで理解できない。
だからこそ、こういう作業をして「効力アップ」を狙っています。

すべての本に対して
こんな時間のかかる方法を取らないでいいと思いますが、

自分にとって、「これは!」という本を見つけたときには

索引と
登場人物の系図づくりを

おすすめします!



参考記事)

2013-02-13 登場人物の系図を書こう!~モレスキン ジャパニーズアルバムで下書き、エクセルで仕上げ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。