スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

勉強ノートの読み返し~手書きが一番、キーワード選びで効率アップ

勉強ノートを読み返してみて、
あらてめて
 
手書きの威力 と
キーワードの効果

 
を実感しました。
IMG_5792.jpg
 
勉強ノートを読み返すときは、
全部じっくり読むというより
さっと流し読みする場合が多いです。
 
 
 
○あらためて発見!手書きの威力

 
つくづく感じたのは、
どんなに字が汚くても
手書きの部分は読めるのに、
貼り付けたコピーは読む気がしない!
ということです。
 
管理人のマイ研究ノートです。
ノートの右側は大体が手書きで、本からの抜書き 。
左側がそれに関連する事項の調べ物で
プリント(wikiで調べたことなど)を貼ることが多いです。
IMG_5788.jpg
 
 
手書きはやはり疲れます。
「長いけど、ここは重要かも」という場合、
本のページをまるごとコピーして貼ることもあるのですが・・・・・

ところが、 読み返しのとき、
このコピーはほとんど飛ばしてしまいます。
IMG_5786.jpg
 
 「読みたくない」というか
脳が「いやいや」するのです。
 
せっかく「役に立つだろう」と思って貼り付けているのですが・・・・・
 
手書きのように苦労していないので
愛着がないのでしょうか。

活字が無機質だからかもしれません。

覚えるときは手で書くといいといいますが
読み返すときのためにも、
手で書いた方がいいようです。
 
ただし、図表は別。
 
印刷物の図表は非常に見やすくできているので
書き写したりせず、
コピーを貼ることにしています。
IMG_5790.jpg  
 
 
 
 
 
○キーワード選びで効率アップ

キーワード選びも、とても大事だということがわかりました。
 
ノートはフリクション3色で書いていますが、
黒字は普通の文章、
赤字が人名、青字がキーワード、と決めています。
IMG_5794.jpg  
 
読み返しのときに、さーっと拾い読みするので
赤字と青字を中心に、その周辺を読むことになります。
 
つまり、キーワードをうまく拾っておかないと、
大事なことを見落とす恐れがあるわけです。
 
人名の赤字は迷いようがありませんが、
キーワードの青字は選び方が難しい。
 
自分にとって何が大事か。
あまり青字が多くなると、
それはまた読みにくいのです。
 
うまくキーワードが拾えていると
とても効率的なノートの読み返しができます。
 



○やっばり、手書きが一番 ~字が汚くても、気にしない!

自分の字は汚くてうんざりするのですが、
手書きの威力を知ってから、
たいして気にならなくなりました。
 
汚くても手書きがいい。
 
 
また、キーワードの大事さがわかってからは、
ノートに書き写す時も、
よく考えて慎重にキーワードを選ぶようになりました。
 
結局、勉強効果も上がっているようです。
やっぱり、手書きが一番!


参考記事)

2012-08-10 モレスキンヴォランでノートざんまい~頭に流れ込んでくる感じが大好き

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。