スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンスチューデント会員で決意のほどを~英語の本をスラスラ読むぞ(いずれ)!

Amazon Student会員というのができました。

学生(大学生・短大生・大学院生)を対象としたプログラムで
放送大学生はその対象になるとのこと。

さて、会員になるかどうか、しばし迷いました。

単純に「学生なら安くなる」のなら、
もちろん即、登録します。

10%Amazonポイント還元など、いろいろ特典はあるのですが、
有料のプライム会員になる必要がある(会費は通常よりは安いけど)
という点で、迷ったのです。


で、結論をいいますと

Amazon Studentの会員になることにしました!


一種の決意表明です。

つまり、こういう決意です。


英語の本をスラスラ読むぞ(いずれ)!



○Amazon Studentって、どんなシステム?


どんなシステムかというと、

以下アマゾンのサイトからです。

Amazon Student は、学生向けの会員制プログラムです。1900円(税込)の年会費をお支払いいただくと、当日お急ぎ便・お急ぎ便やお届け日時指定便などが無料になるAmazonプライム特典のほか、本(コミック・雑誌を除く)の注文金額(税込)の10%分をAmazonポイントで還元するなど、さまざまな特典をご利用いただけます


最初、6ヶ月は無料!
ですが、その後プライム会員になる必要があるのです。

会員登録して6か月間無料ではじめよう
会員登録後、はじめの6か月間は無料です。6か月経過すると、年会費1900円(税込)の有料会員となります。最大4年間自動更新され、4年間が経つと自動的に年会費3900円(税込)のAmazonプライム会員に切り替わります。



もちろん解約はできるようです。

無料体験から有料会員への登録停止方法
無料体験の6か月間が過ぎると、自動で有料会員に切り替わります。この際、会員登録時に登録したクレジットカードに年会費を請求いたします。無料体験中は、いつでも有料会員への自動切り替えを停止できます。自動切り替えを停止した場合、6か月間の無料体験終了時に、有料期間へ切り替わらず、Amazon Studentプログラムの適用が終了します。この場合、年会費は一切請求されません。






○プライム会員になる必要はあるのかな?


迷ったのはこの点です。

プライム会員とは、

Amazonプライム特典
Amazonプライムのロゴが表示されているAmazonプライム対象商品について、当日お急ぎ便(税込500円)やお急ぎ便(税込350円)、お届け日時指定便(税込350円)を何度でも全国どこへでも無料でご利用いただけます。



今までアマゾンで本を買うのは、

中古本を買うときか
新刊で、アマゾン予約特典があるとき

でした。


お急ぎ便を使うほど、本の入手を急ぐケースはほとんどないのと、
本は本屋で買うこと自体が楽しいので、


安いとはいえ、(通常年会費3900円がAmazon Studenは1900円)

ためらってしまうのです。

まず元をとるには1900円程度の本を10冊買って、
お得になるのはそれからです。

「あまり、必要じゃないかも」
と思ったのですが、

しかし、あることを思いつきました。


○英語の本を買ってみたら?


現在英語の勉強中。

試験勉強なのですが、
いずれは、自分が研究したいテーマの本ぐらいは
読めるようになりたいとも思っており、
その準備も兼ねています。

考えると、
今まで、英語の本を買ったこと・・・ない!
まったく、ない!

ネットの記事か試験問題しか英文を読んだことがないのに気がつきました。

なんだか、まずい気がします。


そもそも、英語の本をどこで探すのか、わかりません。

なので、Amazon Studentってちょうどいいかも!
と思ったのです。

アマゾンなら、間違いなく英語の本が買えるはず。
10%Amazonポイント還元には、洋書(雑誌を除く)も含まれています。


なので決めました。



○Amazon Student会員になることで決意表明

つまり、Amazon Student会員になって、

英語の本を買うことにします。
(そして、もちろん読むことが目的)

絶対に元はとるぞ!という意気込みで、
買って、読むつもり・・・ではなく、読みます!


ということで、

本日は、

Amazon Student会員になることによる、

英語の本をスラスラ読むぞ(いずれ)!
という決意表明のエントリーでした。








このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。