スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

TEDスピーチ「後悔を後悔しない」~大切なのは後悔しないことではない

「TEDで学ぶ英語シリーズ」から
「後悔を後悔しない」という話題を紹介します。

後悔しない人間なんていません。
そんなとき、どうやって対処すればいいのでしょうか?

キャスリン・シュルツさんの「後悔を後悔しない」というTEDスピーチです。



○過去を悔やむなど、時間の無駄だと信じていた


シュルツさんは29歳のときに、タトゥーを入れ、
その数分後に死ぬほど後悔をしたそうです。

実を言うと、かなりショックなことでした。なぜなら、そのときまで誇りにしていたのです。後悔することなどひとつもないと。



シュルツさんは、「後悔をしている自分」にショックを受けたのです。

後悔に関してこのように信じ込まされていたのです。過去に起きたことを嘆くのは、まったく時間の無駄で、後ろ向きにならず常に前向きであるべきで、私たちにできる最も崇高で最善のことは後悔のない人生にするよう努めることである、と。



自分の選択が間違っていたとは、誰も思いたくありません。
少なくとも「おかげで勉強にはなった」と言いたい・・・・・・ですね。

しかしシュルツさんは、「後悔のない人生を送ること」に疑問を感じました。



○後悔の一位は、ダントツで「教育」


①私たちが人生で最も後悔することの断トツの一位は、

 教育

 後悔していること全体のうち33%が、教育に関連しています。
 もっと勉強すれば良かった、
 受けた教育をもっと活かせば良かった、などです。


②その次に後悔しているのは、

  キャリアや恋愛、子育て、
  自分自身に関するさまざまな決断と選択、
  余暇をどう過ごすか

③他に後悔していることは、
  金銭、健康、友人関係、精神面のことや、地域社会。

となります。

意外にも金銭的な決断は、人生で後悔するもののなかでは、
3%にも満たないそうです。





○後悔の4つの特徴


後悔しているとき、人間はどんな行動をとるでしょうか。
シュルツさんは後悔の特徴要素として、4つをあげています。

①悲惨
 最悪の気分。「消えて無くなれ!」と泣き叫ぶ。

②困惑
 「自分はどうしてこんなことをしたんだろう」という、
 自分の中からなにものかを切り離すような感覚。

③自分を罰したいという強い願望
 自分自身を蹴飛ばしたくなる。

④保続
 全く同じことを何度も繰り返すこと。
 「消えて無くなれ。消えて無くなれ。消えて無くなれ。消えて無くなれ」と
 繰り返し考える。


シュルツさんがタトゥーを入れた日そのもの。
「消えて無くなれ」の無限ループに陥ります。
 



○苦しみと共に生きるにはどうしたら良いのか


後悔と和解するために、シュルツさんは3つのことを提案しています。

①後悔の普遍性に慰めに見出す


まずはじめに後悔の普遍性に慰めを見いだしましょう。グーグルで「後悔」「タトゥー」で検索すると、1150万件ヒットします。(観衆 笑) FDA (食品医薬品局) の試算では、アメリカ人でタトゥーのある人のうち、17%が後悔しているそうです。それはジョニー・デップと私、それから700万人の仲間です。タトゥーを後悔する仲間です。みな同じなのです。


②自分を笑い飛ばす


後悔とうまく付き合う2番めの方法は、自分を笑い飛ばすことです。私の例では、これは問題ありませんでした。だって実際、笑える姿ではありませんか。29歳にもなって、入れたばかりのタトゥーが気に入らないからと言って泣いているなんて。



③時間の力をかりる


時間の力を借りること。知っての通り、どんな傷も癒えます。タトゥーは消えませんが。





○後悔する自分を嫌いにならない

シュルツさんのタトゥーは、消すことができません。
しかし結果として、とても大事なことをきづかせてくれました。

今回のスピーチで、シュルツさんが言いたかったのはこのことです。
目的があって、夢があって、ベストを尽くそうとするなら、そして人を愛し、その人を傷つけたり失いたくないと思うなら、うまく行かないときに痛みを覚えるのは当然です。大切なのは後悔しないで生きることではなく、後悔する自分を嫌いにならないことなのです。


後悔するのは、くやしいものです。
半分は強がりでも、
「失敗だって無駄ではなかった、
そのおかげで今の自分がある」と考えたい。

でも、それではすまされないほどの、
大きな後悔というものもあります。

そういうときは、後悔を受け入れた方がいい。
「後悔のない人生を送ること」をめざななくてもいいんです。

大切なのは、後悔しないで生きることではなく、
後悔する自分を嫌いにならないことなのです。


自分が生み出す欠点のある完璧でないものを愛しましょう。それを生み出してしまう自分を許しましょう。


原文はこちらです。
TEDで学ぶ英語「後悔を後悔しない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。