スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

勉強の連鎖を楽しもう~答えが天から降ってくる

ある事柄と、ある事柄、全然関係ないと思って勉強していたら、
思わぬところでつながっていたりします。

探していた答えを、
全く関係のなさそうな本の中で見つけた時の
喜びったらありません。

どうやったら、こんな素敵な事態をひき起こせるのでしょうか?

IMG_4261.jpg
 
○答えが降ってきた事例

たとえば、英語の勉強です。
(何度か紹介している英語勉強用の理想ノート、5分割ノートです)
かたつむりが歩くような速度で勉強しています。

先日、ウィキペディアの英文記事を読んでいて、
つまってしまいました。

Inscriptions and Belles-Lettres


なんでしょうこれ?

団体名だということはわかったのですが、
辞書にはのっていません。
 

「これは団体名か?」という疑問を書き残して
ほったらかしていたのですが、


放送大学のテキストを読んでいたときに、

見つけました!


「碑文・文芸アカデミー」
IMG_4260.jpg



テキストには英語表記はのってなかったのですが、
「絶対これだ!」と確信しました。
「ルーブル宮殿にある」といったキーワードが合致したからです。

喜んで、「これは団体名か?」という疑問の下に、答えを記入しました。
IMG_4256_20120615223528.jpg



「碑文・文芸アカデミー」はフランス学士院の機構の一つでした。

せっかく発見したので、
ウイキペディアで探した「フランス学士院」の説明をノートにはりつけました。
ノートの左下は、調べ物コーナーにしています。
IMG_4251.jpg


ついでに、英語版のウイキペディアの「フランス学士院」も
勉強の素材にするべく、ノートにはりつけました。
IMG_4252.jpg

なんだか、ノートがカッコ良くなって嬉しい!




○どうやったら答えが降ってくるのか~疑問と蓄積



しつこくネットを調べれば、
辞書にのっていない英単語の意味もわかるでしょう。

でも、探さなくても答えが降ってくるときがあるんですよね。

だったら、待ってましょう、降ってくるのを!


答えは天から降ってくるようでいて、
まったくの偶然ではありません。

引き寄せるのは自分。

こんな素敵な事態をひき起こすには何が必要か、考えてみました。

①疑問を常に頭に置いておくこと

②ある程度の情報量(勉強)を蓄積しておくこと


疑問を常に頭においておかないと、
せっかく答えが降ってきたときに、見過ごしてしまうかも知れません。

また、ばらばらの点と点をつなげるには、点が少ないと難しい。
点はたくさんあった方がつながりやすいですね。
それが勉強の蓄積です。

時間がかかっても、
興味のあるものなら、できるだけ手を出しておいた方が
のちのち役に立ちそうです。
きっと立ちます!




せっせと勉強して

疑問をいっぱい持って

答えが天から降ってくるのを待ちましょう~



参考記事)

2012-03-05  理想ノートを実践中~「ライフハッカー日本版」で英語の勉強

2012-04-11  理想ノートを実践中(2)~「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版」で英語の勉強

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。