スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で音読・録音したテキストを耳で聞く~ノマドステューデントの勉強法

居眠りしがちな夜の勉強タイム。
思い切って、テキストの音読・録音にあててみました。
この録音を通勤途上などで聞き流してみたところ、

実際に効果がありました!

これ、絶対、おすすめの勉強法ですよ~



○問題の答えがするすると出てきた!



放送大学では、学期の半ばに通信指導課題を提出しなければなりません。
提出期間はまだ先なのですが、昨日問題をちらりと見たところ、

問題の答えがするすると出てきました!

もちろん、自分でテキストを音読・録音した章に関する問題だけです。

それ以外の問題は


・・・・


全滅




特に覚えようと思って聞いてたわけではありません。
適当に聞き流してただけです。
ただし、何回も聞いてました。

いつのまにか記憶に入って、
問題を見たときに、
答えがぽろっと出てきた、という感じです。


もともと居眠り対策で始めた勉強法です。
効果については半信半疑だったのですが、

確かに効果ありますよ!



○読むときに考えるから、いいのかも

音読してみてわかったのですが、
意味がとれてないと、うまく音読できません。
文章の切れ目などが、わからないのです。

意味がわからなくても、読み上げることはできます。
ところが、ものすごく平板で抑揚のない音読になります。

こういう録音は、耳で聞いても理解できないし、
そもそも聞くのがつらいです。

結局、音読するときに、「理解しよう」という気持ちが強く働きます。
この録音段階でも、ある種の学習効果があるのです。



○読み上げるときの工夫~追加説明を入れる

そもそも放送教材を、録音し直す必要があるのか?

あります!

オーダーメイドの音声テキストを作っているわけです。

自分の不得意な部分だけを集中して取り上げるわけですし、
自分で工夫できるからです。

 たとえば、漢字で見ればすぐわかるのに、
耳で聞くだけでは理解しにくい言葉があります。

そういう場合、「こういう漢字だ」とか、「こういう意味だ」
という補足説明をつけて録音しています。

テキストに書き込みをしているのと同じ感覚です。



○iPhoneのボイスレコーダーアプリで録音

iPhoneのボイスレコーダーアプリ
iTalk Recorder を使って録音し、
iTunesのミュージックライブラリに入れています。

もちろん、普通の「ボイスメモ」でもいいのですが、
音質がiTalk Recorderはとてもいいのです。

iTalk Recorder Premiumは有料ですが、無料版もあります。

iTalk Recorder Premium




ファイル名は、テキストのページ数と章タイトルです。
録音でも、ページ数を読み上げています。

IMG_3758.jpg 






○試験が択一式の科目にぴったり


 この勉強法は、試験が「教材持ち込み不可の択一式」の
科目にぴったりです。

教材持ち込み不可の試験は、覚えてなければそれまで。
持ち込み可や、記述式の科目は、別の勉強法でいいでしょう。

実のところ、この音読・録音には時間がかかります。
ターゲットを絞るのも大事です。


テキスト全部やるのはとても大変。
不得意な章、理解のあやふやな章、
とても大事そうなことろ、
に絞ってやっています。

黙読ならあっという間のところ、何倍もの時間がかかるのですが、

記憶への定着率の高さを考えれば、決して無駄ではありません。


急がば回れ。


自分で音読・録音したテキストを耳で聞く勉強法


ぜひ一度、試してみて下さい。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。