スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

大事なのは「終わらせること」~やりたいことを成し遂げるために

やりたいことを成し遂げるために重要なことは、

まず始めること


ですが、

始めたけれども、中途半端で終わってしまうこともありますね。


ライフハッカー日本版で、参考になる記事を見つけました。

典型的な中途半端人間が粘り強く終わらせられる人間に変わった理由




始めたら次に大事なのは、「終わらせること」です。

そしてそのためには、
関わるものを減らし、
関わると決めたものには、どっぷりと浸かって、
ひたむきに力を注ぐこと


が必要です。

IMG_2539.jpg


○「Just do it」は素晴らしい!でもそれだけでは不十分


ナイキの「Just do it」はすばらしいスローガンです。

一般的に、自分を奮い立たせる一番いいアドバイスは「すぐに行動すること」。Nikeに「撃たなかった弾はすべてミスショットだ」、「Just do it」などの有名なスローガンがありますが、情報の波に飲まれる前にすぐに始めることは、確かに大事なことです。


ところが、せっかく始めても、中途半端で終わるケースがあります。

しかし、この全体論的なアドバイスは、人それぞれ違う問題を一般論で一括りにしようとするところに問題があります。勢いよくスタートすることが大事な人もたくさんいるでしょうが、色んなことをやらないようにした方がいい人もたくさんいるのです。


○大事なのは、終わらせること


「それを終わらせろ」と言ってみましょう。

「Just do it」というのはすばらしいスローガンですが、原文筆者のように始めることばかりで、ノートに中途半端な夢ばかり書いている人は、今度は「それを終わらせろ」と言い聞かせるといいかもしれません。自分のことを省みて、どちらのスローガンがいいか考えてみてはいかがでしょうか。


「終わらせることが大事だ」と気がつけば、取り組み方がかわります。
より真剣に考え、始めること自体は減るはずです。

始めることではなく、終わらせることが大事なのだと気がつくと、終わらせることに注力し始めます。ダメそうなプロジェクトでも、終わらせることになっているからという理由だけで、それを終わらせるようになるのです。新しいことを始める代わりに、きちんと実績を作ろうとするようになります。何かを始めることを真剣に考えるようになると、始めること自体が減るものです。



○しっかりと関わり、関わるものは減らす

ものごとを、大きく二つに分けることです。
しっかり関わるものと、そうでないものと。

原文筆者がこのようなことができるようになったのは、実験的な試みとしっかり関わる仕事を、明確に分けるように大きく方向転換したからでしょう。単なる思いつきで大きな事は成し遂げられません。大きな事を成し遂げるには、それにどっぷりと浸かって、ひたむきに力を注ぐことが必要です。自分が真剣に始めたことはきちんと終わらせるべきで、軽く関わるようなことは避けましょう。



すべてを「決まった計画」のもとに進める必要はありません。
気晴らしも楽しんでいいのです。

真剣に何かに関わることは、新しいことに挑戦できないという意味ではありません。実際の試みとは別に、単純に精神的な部分の話をしています。空手を習い始めてみたり、サルサを始めてみたり、スペイン語やインド料理を習ってみたり、人生では色々なことを始めるでしょう。自然な欲求や楽しむことをやめろ、という意味ではないということです。


「深くかかわること」を決めたほうが、趣味に対しても柔軟になれます。

試してみることと深く関わることの区別をして、それに応じた対応をした方がいいと思います。この2つをきちんと区別すればするほど、趣味はより柔軟に楽しめるようになり、他の人により献身的になれるはずです。




○好きなことも、ちょっとがまん


管理人の今年のテーマは「勉強」です。

ブルドーザー式勉強方で本を読んだり、
英語用の理想ノートをつくったりしています。
IMG_3250.jpg
いろいろと手を出していますが、
今は準備期間と考え、それを良しとしています。
目標は一つで、はっきりしているからです。

その目標のために、他のことに割く時間は減らしつつあります。

上記の記事にもあるように、
新しいこと、楽しいことを全部諦める必要はありません。
でも、全部を同じ比重でやると、時間がいくらあってもたりません。

深くかかわろう(今年は勉強)と決めたことのために、
それ以外のことは減らします。
それが、たとえ自分の好きなことであってもです。


少々悲しいのですが・・・・・・
結局それは、自分の「決意」の現れなんです。


この1年間は、この言葉をしっかりと噛み締めていきます。

関わるものを減らし、しっかりと関わる




関連記事)

2012/02/17 ブルドーザー式勉強法~本を1冊徹底的に読んでみよう!

2012/02/29 理想的なノートの作り方~モレスキン カバー・アート・ジャーナル

2012/03/05 理想ノートを実践中~「ライフハッカー日本版」で英語の勉強

2012/03/12 モレスキン ヴォランの勉強ノート~表紙のカスタマイズでもっと楽しく


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。