FC2ブログ

モレスキンにクリスマスツリーをたてた~はじめての立体工作~モレスキン クリスマス特別企画 第二弾

モレスキンノート ポケットサイズにクリスマスツリーをたてました。

モレスキン クリスマス特別企画 第二弾です。

IMG_1726.jpg


この立体クリスマスツリーを作ろうと考えたきっかけは、これです。
『モレスキン 人生を入れる61の使い方』堀正岳/中牟田洋子/高谷宏記[著]



ここで紹介されているヒロさんの切り絵でした。


  
ちょこっと、写真を載せちゃいます。
これがヒロさんの立体的な切り絵です。
字もなく絵もなく色もない世界、光と影だけで描き出した世界です。
圧倒されました。
IMG_1738.jpg

そしてそれ以来・・・・・・
モレスキンに立体物をつくりたい!と考えてました。



○ストーリーのある立体作品がつくりたい

ヒロさんの作品がすばらしいのは、造形的な美しもさることながら、
そこにストーリーが感じられるからです。

そうだ、ストーリーのある立体物を作りたい!

で、考えついたのがこのクリスマスツリーです。
すばらしいアートと、この子供っぽいツリーを比べるのは申し訳ないのですが、
もとのコンセプトはヒロさんのアートだったんです。



○3本のクリスマスツリー


このクリスマスツリーは3面あります。
それにあわせて3つのシーンを想定しました。

しあわせなクリスマスの一日です。

朝。子供部屋のクリスマスツリー。
ツリーはおもちゃで一杯です。
子供たちはプレゼントを開けて大騒ぎ。
IMG_1644.jpg




昼。居間のクリスマスツリー。
ツリーの飾りは、オーソドックスに金、銀、赤、緑のグラスボールとリボン。
家族全員での楽しい団欒。
暖炉では火が燃えていることでしょう。
IMG_1645.jpg




夜。屋外のクリスマスツリー。
飾りは銀色一色です。
家族は室内で暖かくしています。
雪が降りしきり、白と銀色だけの静寂な世界です。
IMG_1646.jpg


こういうストーリーにしたかったんですが、
カラフルすぎて、思いのほか子供っぽくなってしまいました。
少し、心残りです。


以下は作り方です。


○作業道具

クラフトパンチとコピックスケッチ。
IMG_1076_20111129000725.jpg


おりがみ。

IMG_1075_20111129000725.jpg



○ツリーの形をつくって、色を塗る


ツリーの形をざっくり切り抜きます。
IMG_1685.jpg



グリーンのコピックスケッチでツリーの色を塗ります。
裏抜けするので、必ずあて紙を忘れずに。
IMG_1686.jpg  


IMG_1687.jpg


夜はブルーのコピックスケッチで塗ります。
IMG_1689.jpg

修正液で雪を降らせます。
ひたすら、てんてんてんてん
IMG_1690.jpg


○ツリーの飾りつけ

朝の子供部屋の飾りです。
クラフトパンチ大活躍。
  IMG_1652.jpg


クマと雪だるまは色をつけて
IMG_1650.jpg


これは手作り
  IMG_1651.jpg



壁をピンクに塗って、窓をつけました。
完成!
IMG_1647.jpg


昼の居間の飾りは、金、銀、赤、緑のホイルおりがみです。
IMG_1653.jpg


昼間の居間には背景がないので、飾りつけだけです。
完成!
IMG_1648.jpg


夜の屋外の飾りは、銀のホイルおりがみだけにしました。
雪の結晶と星。
IMG_1654.jpg

完成。
IMG_1649.jpg


3つのシーンが完成しました。
 

大事なものを忘れてました!
天辺に星がいりますね。



○天辺の星をつくる

二つのクリップを改造しました。
IMG_1695.jpg

黄色のおりがみで、星を2枚切りぬきます。
しっかりさせるために、クリアファイルにはりつけて、そのままくり抜きました。
IMG_1694.jpg

2枚の星でクリップをはさむようにして接着
IMG_1693.jpg


この星は着脱自在。
なくさないように、しおり紐をつけて、その先に結びつけました。
IMG_1723.jpg

さあ、星をつけましょう。
星のクリップ部分を後ろのページに挟み込みます。
IMG_1724.jpg


やった!
立ちました!

立たないんじゃないかと心配してたんです・・・


○まだまだ工夫の余地がありそう


お手本のヒロさんの作品に比べて、子供っぽいのがどうも気になります。
まだまだ工夫の余地がありそうで


・・・・・・


来年も頑張ろう。
来年はもっと素敵に、もっと大人っぽく作りますよ~




このエントリーをはてなブックマークに追加