スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「手書き認識って、筆順も読みとるんだ!」と知った日~だから勉強はやめられない

手書き文字認識では、「筆順」まで読みとっている!

知ってましたか?

今朝、放送大学のテキストを読んでいてわかったんです。

ずっと疑問に思っていました。

なぜ手書き文字は、

「手書き文字認識アプリ」だと認識率が高いのに、

「スキャナーのOCR認識」では全滅なのか?


今日、この謎が解けました~

○手書き認識技術には2種類ある~昔書いたものと、今書いているもの


そもそも、手書き認識技術が2種類あるとは、知りませんでした。
同じひとつの技術だとばかり思ってたんです。

①書かれた文字や印刷した文字の認識技術は、「OCR」

②今書いている文字の認識技術は、「オンライン手書き文字認識」


オンライン認識では、筆順という「時間的な特徴」や、画数といった特徴が得られる
ため、認識処理に使うことができる情報量がOCRより多い。従ってこれらの特徴を
うまく使えば、OCRよりも高い認識精度を実現することが可能である。
(放送大学テキスト『ことばと情報』)


そーだったのか!

「目からうろこ」とはこのことです。

機械が筆順まで読み取っているとは!
(もちろん、書き手が筆順を間違うこともあります。
膨大なデータを学習させた上、他の技術も動員して、
といった細かい説明がテキストではこのあと続きます。
まあ、それはさておき。)

今書いている文字を認識する方が、情報量が多いから認識しやすいのですね!


○手書き認識アプリ


以前、このアプリを紹介しました。
6月22日 iPhoneアプリ「7notes mini(J) for iPhone」使ってみた

その認識度の高さにはびっくりしたものです。

本からの抜書きをするときに愛用しています。
手元にキーボードがないときは、本当に便利。

現在このアプリは無料版と有料版があるようです。
本当にすぐれていますから、ぜひとも無料版を試してみてください。



○悲願は「抜書きノート」のOCR認識

本からの抜書きは管理人の趣味です。
中毒というか、悪癖といってもいいぐらいです。

これが習慣となって随分になるので、抜書きノートは大量にあります。

最近は、ブログで使えるようにテキスト化していますが、
ほとんどの抜書きは手書き。
大事な大事なノートなのですが、

問題は、ブログで使いたいときに、全部打ち直さないといけないこと!

昔の蓄積が全然つかえない!

スキャナーを買った時には、大きな期待を抱いてました。

わくわくして、手書きのノートをOCRで読み取らせたところ、

壮絶なまでの悲惨な結果が・・・
019_20110508111931.jpg


その時のエントリーはこちらです。

5月8日スキャナー使ってみた~OCRで読み取る


もちろん、悪筆なのが悪いのですが、いまさらどうしようもありません。


○謎が解けるなんて、めったにない嬉しい一日



私の悲願の達成は遠いかもしれませんが、
ともかく、今日はとても嬉しい一日でした。

文字認識が2種類あるとか、手書き認識が「筆順」まで分析してるとか。
全く知らなかったことを知りました。

なんといっても嬉しかったのは、
「何か腑に落ちないな」と思っていたことの答えが、
勝手に向こうからやってきたことです!

こんなラッキーめったにない。
こういう発見や驚きがあるから、勉強はやめられません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。